ライフコーチが教える夢を奏でる方法_2

シリーズ第2弾:ずっとやりたかったことがある!
 

・叶えたい夢はある。
・やりたいことはある。
・ずっとやりたかったこともある。

これらの想いを
いつまで、放っておくことができますか?
 
新しいチャレンジをしたい気持ちを
いつまで誤魔化し続けられますか?
 
人生にはサイクルがあって
ずっとやりたかったことを
今度こそはやりたい!と、頭をもたげる
タイミングが度々訪れます。
 
 
でも現実と理想の狭間に苦しみ。
一歩踏み出すことを躊躇し、迷いそして
同じ道へと戻っていってしまうのです。
 
この選択が正しかったと、自分を正当化して
決してコンフォートゾーンを抜け出すことが
ないのです。
 
 
例えば、
転機にいるあるビジネスマンの方のケースです。
 
彼は、グローバル・ビジネス・コンサルタントを
したい。でも、集客や提供できるサービスに
自信が持てずにいます。詰まるところ、
起業して成り立つのか?家族を犠牲にせずに
生活を脅かさずに、できるのか?
収入への心配がまず頭をよぎります。
 
この方にとってみては、
ずっとやりたかったことと
安定生活とのトレードオフ。
 
なにせ、今の会社にいる限り
毎月の給料は入ってきます。
 
でも、それは
魂とのトレードオフでもあります。
 
やりたいことができない代わりに
安定した生活を手にされています。。
 
転機のたびに、ずっとやりたかったことが
頭によぎり、家族のためにという名目のため、
これまでも何度も同じ道へと戻って
いかれました。
 
 
もし、
これがあなたのケースであったなら
いつまで耐えられるでしょうか?
 
 
もし転機にいて
現実と理想のはざまで
揺れているのなら、
 
やりたかったことをやっていない状況は
魂を抑圧して、自分の中の宝箱に
閉じ込めて幾重にも鍵をかけている状態も
同然なのです。
 
 
もう、自分を誤魔化すのはやめにしたい。
そうは思っても、
 
今の選択が誰にとっても一番なんだという
正当化。これが本心ではないことは
他でもない自分自身が知っているはずです。
 
誰のものでもない、
自分の人生を生きていいのです。
 
やりたいことをしている状態とは、
まるで、魂が音楽を奏で、自由に、
のびのびとしています。
 
今度は積極的に
人生をコントロールしていく番なのです。
 
これまでの人生で経験してきたことを
総動員して人生を奏でていくのです。
 
人生で対処できない事態は起こりません。
なぜならば、人生のこれからは
今までの経験をベースに進んでいくものだからです。
 
・経験は十分にしている
・知識も十分にある
・気力、知力もすでに十分あるのです。
 
すべて、持たされているのです。
足りない部分は、頼めばいいのです。
 
それがこれから経験することなのです。
 
安定生活という呪縛を脱しやりたいことを
始めたときに生活は一変します。
 
ずっとやりたかったことをやる!
想像しただけでもワクワクしませんか?
 
 
本日は以上です。
 
 
 
➡️小冊子プレゼント中です】
「ライフコーチが教える夢を叶える方法」
【夢を叶えるために、絶対に知っておきたいこと】
夢は叶えるものとは言うけれど、日々の生活に
追われて、一体どこから始めればよいのか?
これは誰でも思うことです。夢を叶えるために
「たった一つだけ、見落としていることがある」
と言われたら、理由を知りたくはありませんか?
ダウンロードはこちらから
 
 

[ライフコーチ・コンサルタント 大槻 篤志]

.
======================
この記事へのQRコード
   スピリチュアル・ライフコーチ協会
 認定講師 大槻 篤志
 Home Page   https://atsushi-otsuki.com/
 プロフィール Profile
 経歴     こちら
 メルマガ           登録はこちらから
======================