自動車大手7万人削減 リーマン時に迫る!

自動車大手7万人削減
 日米欧リーマン時に迫る!
 
これは11/17(日)の日経新聞1面の見出しですが、
 
あなたには
5年後のビジョンは見えていますか?
漠然とした不安しかありませんか?
 
それとも
この激動する転機を最大のチャンス
変えてみませんか?
 
この文章の先に、この転機を乗り越え
自分らしく生きる答えが隠されています。
ぜひ最後までお読みください。
 
現在、自動車業界は生き残りを掛けて電動化と
省人化にシフトしています。そしてAIを頂点とする
自動運転化への競争が激化しています。これまで
の内燃機関に頼ったエンジンやオートマチック
トランスミッションから、EV(電気自動車)へと
開発の軸を移しています。
 
日系企業の強みの北米市場も陰りが見え始め
GMやFordは投資先を新技術へと投資を集中させ
さらなるリストラ策で、生き残りをかけています。
 
北米市場も頭打ち、日本は既に減少となれば
この先の日本の製造業への打撃は間逃れません。
 
大手自動車メーカーから始まった人員削減は
部品製造メーカーへと波及し、設備投資がまずは
凍結されていきます。この一連の流れは、私自身
20年以上、自動車業界のグローバルビジネスの
一線にいただけに、今回の時代の流れがどのように
従業員に影響するのかが手に取るようにわかって
しまいます。
 
ビジネスマンとして脂の乗った40歳以上の世代が
早期退職を促され、一見手厚い手当てとともに
会社を離れることとなるのです。
会社都合というわけです。
 
これまでも、リーマンショックなど幾度となく
人員削減の波はありましたが、自動車業界の技術
レベルは革新的とまでは行っていませんでした。
 
既存の技術の範囲内であったので、他の会社に
移っても、なんとか食い扶持をつなぐだけの
収入は確保できました。どこに行っても一応は
通用したのです。
 
でも、今回の人員削減の波には市場の冷え込み
だけでなく技術の革新も伴います。

つまり最先端の技術を身につけていなければ、
業界では通用しないのです。

 
では、
この先の身の振り方を一体どうしたらいいのか?
 
20年間の自動車業界で一番多く聞いた言葉が
 
「このまま働き続ければ、ある程度の収入で
 ある程度の暮らしができるが
 定年後の生活は今は考えられない」
 
というものです。
 
これは社長や経営陣を始め
従業員の誰もが口にすることです。
全員、雇われの身だからです。
 
今回の自動車業界全体を巻き込む
激変の中で、
 
「自分はこの先どうしたらよいのか?」
 
誰でも一度は考えることです。
 
「もし、自由にできるなら
 自分らしく生きて見たい。
 何をやるのかは具体的にはわからないけど
 なんとかなるという自信と希望だけはある」
 
こう思う人がとても多いです。
 
でも9割の人間が
会社に残るか、
同業他社への転職をするかのいずれかです。
 
なぜだと思います?
それは怖いからです。
 
未知への世界が怖いのです。
給与の保証されていない、自分らしさなど
なんの役にも立たないと思い込んで
しまっているのです。
 
それゆえに、
同じ会社に留まるか、
それとも同じような会社へと転職して
自分の快適ゾーンを守るために
会社にしがみ付き続けるのです。
 
自分らしく生きられないことを覚悟の上で
まるで魂を売り渡す感覚と引き換えに
目先の給与という少しばかりの安心と安定を
手に入れるために。
 
実は・・・何を隠そう、
もその一人でした。
 
会社方針や組織に翻弄され八方塞りを感じたり
人間関係で悩んだ日々もありました。
得意でない仕事を嫌でもこなす毎日や
会社や上司からの理不尽な命令や指示など
心が張り裂けそうな日々に
息をするほどに自分らしく
生きたいと思いました。
 
頑張ろうとすればするほど
大切なものが手のひらから
するりと抜け落ちていく感覚でした。
 
そして、退社する覚悟を決めましたが、
美辞麗句を並び立てられ
引き止めに屈してしまいました。
 
そして、その時はじめて
ついに会社にを売り渡して
しまったと感じたものでした。
 
そして、その結果
体がまるでNOと言うように
本来自分を守るべき免疫が狂い出し
自分を攻撃することとなったのです。
 
話は前後しますが、私はビジネスマンとして
世界を飛び回りつつ、
 
いつの日か
「自分らしく生きるために」
人生の目的や使命を20年以上も
捜し続けていました。
 
私が免疫の病気を患ってほどなくして、
人生のメンターに出会い、これまでの経験や
出来事には全て意味があったことを知りました。
 
 
それらの出来事は、自分の人生の目的
使命に気づくためにあったのです。
自分のミッションに生きるためにあったのです。
 
良いことも、ツラい事も経験し、
その経験を自分の言葉で語るためにありました。
 
人は他人の失敗から学ぶものが多いといいます。
だから私の失敗や経験が誰かの役に立つのならと
思ったのです
 
自分らしく生きられないような
辛い思いは誰にもして欲しくありませんからね。
 
そしてこれからは、
かつて自分が歩いた
同じような道を歩いている人に
天職や使命、そして人生の目的をみつけ
自分らしく生きる、お手伝いをするために
起業しました。
 
自分らしく生きるために。

 
今回の自動車業界の構造改革は、
今までの流れとは全く異なるものです。
 
個人個人に、
この状況でもそこにとどまるのか?
それとも自分らしく生きるのか?
 
を問う重要なターニングポイント
つまり人生最大の転機になっているのです。
 
自動車業界を長年経験し、グローバルビジネスを
肌で感じてきた私がお伝えできることは多いと
思います。
 
もし、見えない力が働いていて
あなたに人生の方向転換を
促しているのなら
 
一度、話をしてみませんか?
 
この激動の転機を自分の力でチャンスに変える
そんな力強いメッセージを届けたいと思うのです。
 
今度こそ、
自分らしく生きる道を進んで欲しいのです。
 
下記のリンクから
メルマガ登録頂くことで、まずは知っておきたい
「シンプルな人生のしくみ」のPDFを
限定無料にてお届けしています。
 
私自身、もっと若い頃に知っておきたかった
シンプルな人生の法則です。
まずは、私からのプレゼントです。
どうぞお受け取りください!
 

『この激動の転機をチャンスに変える!
完全無料プレゼントを
▼今すぐ受け取る▼

 

 人生の転機に勇気と癒しを!
『幸せと豊かさを叶えるメルマガ講座】
~ビジネスで成功する豊かさの方程式~
  認定: ライフコーチ 大槻 篤志

HP       https://atsushi-otsuki.com/
email   help@atsushi-otsuki.com
Profile Profile

経歴     こちら

======================